おりものが臭い方のための対策情報館

おりものが臭い方のための対策情報サイトです。しっかりニオイ対策しましょう。
MENU

おりものが臭い方の対策

おりものは女性にはあるのが当たり前で、多くの場合生理の前後、
つまり排卵期になると量が増えます。
普通であればおりものの臭いが気になることはないのですが、
子宮や卵巣、膣などに異常があると、おりものの臭いが気になります。

 

■おりものの臭いの元はデーデルライン桿菌
デーデルライン桿菌という乳酸菌の一種が膣内に常在していて、
この桿菌が外からの雑菌を防ぎ、侵入した場合は繁殖を抑えています。
デーデルライン桿菌は乳酸菌のようなものですから、多少甘酸っぱいにおいがします。
また生理前後にはにおいが強くなりますが、外へ漏れ出すような強いにおいではありません。

 

 

■おりものが臭う原因は雑菌の可能性が高い
ではおりものが臭うという時にはどのような原因があるかと言いますと、
最初に考えられるのは膣内に雑菌が繁殖した場合です。
デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が多く、
この汗腺から出る汗には脂質やたんぱく質が含まれています。

 

また膣周辺には垢が付着したりもします。
これらの脂質やたんぱく質、あるいは垢が膣内に入ると雑菌が繁殖して、それが臭う原因になります。
ただし先にあげたデーデルライン桿菌が働けば雑菌を抑えるので、異常な臭いにはなりません。

 

 

■ストレス過剰や抗生物質がおりものが臭う原因
またストレス過剰や体調不良だと膣内の自浄作用が低下することがあります。
極度の疲労も女性ホルモンが乱れてデーデルライン桿菌が減少する原因になります。

 

さらに風邪などで抗生物質を投与されるとデーデルライン桿菌が減ることがあります。
これらの場合は雑菌を抑える働きをする善玉菌が減るので、雑菌によるおりものの臭いがきつくなります。

 

 

■その他のおりものが臭う原因
これらのほかにおりものが臭う原因には性病や子宮の異常があります。
したがっておりものの臭いと量が異常な場合は婦人科で診察を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ